Ishadow Salsa

サルサとは、サルサについて、パソコン用

サルサの起源

起源
陽気で賑やか、そして時に激しくもあり虚しくもあるジャンル、サルサ。

サルサにはダンス、ミュージック共にラテンの血が流れていますが、実は南米発祥ではありません。
スペイン語で歌われる楽曲が主なゆえ、中南米を中心として世界へ広まったと思われがちですが、
キューバやプエルトリコなどのラテンアメリカ諸国出身の移民達が北米で確立していったとされています。

また、ダンススタイルや曲調が具体化されたのは
20世紀半ばから70年代にかけて、場所は世界の経済・文化の中心、ニューヨーク。

音楽が一つのジャンルとして認識されていくのに伴い、
人々がストリートペアダンスとして踊り始めたサルサダンスも、踊り方が形式化されていきました。

サルサのサウンド

サウンド
サルサとはスペイン語でソースという意味。
多くの具材を混ぜ合わせて作るソースのように、サルサミュージックもまた他ジャンルの要素が融合されて創り上げられました。

優しさ溢れるサウンドは聴き手に元気をくれ、気迫に満ちた力強いサウンドは聴き手の胸をふるわせます。
それぞれの楽器とボーカルが織り成す一体感のある音色は人々の心を惹きつけます。

音楽の最大の特徴はクラベスという楽器が奏でる特定のリズム。
8カウントの中で、このクラベスのリズムに様々な楽器が加わり一つのメロディとなります。
独特な曲調であるため、一度サルサを認識できるようになると意外な場所でもサルサに遭遇するでしょう。

現代ではスペイン語のみならず世界各国の言語で歌われたり、他ジャンルのヒットソングのカバーなども存在します。
古典に縛られることなく、数多くのジャンルの特性を活かした独創的な楽曲が誕生し続けているのもサルサの大きな特徴です。

サルサが巻き起こした旋風

旋風
60年代、キューバ革命の影響を受けラテンミュージック業界は一時下火となるが、
同時期ファニアレコーズからトップアーティストを集結させた先鋭グループ、ファニアオールスターズが結成される。
彼らの音が人々に与えた衝撃は絶大で、数多くの功績を上げつつ勢いを増した70年代初頭、
サルサという新たなジャンルの音楽はニューヨークから広く知れ渡ってゆくこととなった。

サルサはその柔軟性を活かし、各地で様々なミュージックジャンルのテイスト(ジャズやソウル、ロックなど)を吸収していくと共に、
3つのダンススタイルを誕生させた。
スタイリッシュなNYスタイル、スピーディーなLAスタイル、パワフルなキューバンスタイルである。

やがて海を渡ったこの革新的な音と動きのコンビネーションは外国人の耳と目を釘付けにし、90年代に入るとサルサは瞬く間に世界中へ広まった。

現在では各国のトップダンサーを筆頭にNYスタイルが広く踊られており、今なおダンサー人口は増加中。
大規模なイベントや競技会なども数多く存在し、サルサシーンのない国を見つけるのが困難なほどになりました。

サルサのダンスシーン

ダンスシーン
サルサミュージックの流れる場所にサルサダンスあり。2大ダンスシーンはサルサクラブとダンスイベント。

圧巻な音に包まれダンスを楽しむ。しかし一般的なクラブやイベントと大きく違うのは、
ラテンミュージックが流れておりペアで踊るためのダンスフロアーがあること。
クラブ、イベント共に世界各国の主要都市のみならず、地方にも数多く存在します。
人種、年齢、性別を問わず人々が自由に踊っている空間は、多彩な活気に溢れ、まさに先進的な印象を受けます。

サルサには二人で踊るペアダンス(ペアワーク)と一人で踊るソロダンス(シャインと呼ばれる)があります。
そこからさらに踊り方が2種類あり、フリーダンス(ソーシャルダンスともいう)とショーケース(パフォーマンス)です。
フリーダンスとは名のとおり曲に合わせて自由に動く踊り方で、いわば即興ダンスのこと。
ペアで踊りを創り上げてゆくのはもちろん、ソロを織り交ぜることもできます。
ショーケースとは曲に振り付けを施し観客に披露する踊り方のことで、オーディエンスを意識した演目が多いのが特徴です。

サルサの気軽さ

気軽さ
ストリート生まれのダンスだからこそ持ち合わせたカジュアルさは、人々がサルサを愛する大きな要因と言えるでしょう。

ペアダンスは常に高貴なイメージが付きまといますが、
サルサは音楽とシューズさえあればいつでもどこでも踊ることができます。
服装に制限はなく、巷のサルサクラブ・ダンスイベントでは、ジーンズにTシャツから
派手やかなドレスやスーツまで、様々な格好の人が同じフロアーで自由に踊っています。

パートナーがいなければ踊りにいけないのではなく、フロアーに居る全ての人があなたのダンスパートナーとなりえます。
サルサでは、男性から女性を踊りに誘うだけでなく、女性が男性に声をかけることも常識的です。

曲ごとにパートナーを変え、たくさんのダンサーと踊って楽しめるのもサルサの誇れる大きな長所と言えるでしょう。

サルサの踊りの骨格

踊りの骨格
さて、サルサのペアダンスはどのように成り立っているのでしょうか。

踊り方はいたってシンプルで、全体の動きを構成するのは
ベーシックステップ(基本のステップ)とターンパターン(動きの型)です。
ペアワークの間、ベーシックステップを繰り返し踏みながらターンパターンを組み込んでいきます。
男性(リーダー)が女性(フォロワー)を誘導(リード)し、女性が男性についていく(フォロー)。

リーダーはフォロワーに対してどのようなターンパターンをするのか、という情報を体だけで明確に伝えなければなりません。
フォロワーはリーダーの繊細な動きに集中し、情報を取りこぼさず的確にターンパターンをこなしていかなければなりません。

基礎的なターンパターンの種類とそれぞれのリード・フォロー方法を習得すれば、世界中どこへ行ってもサルサを楽しむことができます。

サルサの秘めた可能性

秘めた可能性
サルサは楽しみ方にリミットを持ちません。
スポーツ感覚で汗を流す、音楽と共にお酒を堪能する、
コミュニティーの中で友好関係を築く、努力の成果を披露する、サルサを踊りに海外へ行く。

ただ踊ることだけが目的ではないサルサだからこそ、年齢・性別・言語の壁を越え一生涯楽しめる趣味となるのです。

この上なく自由でカジュアルなサルサですが、その美しさやかっこよさもまた、限りを知りません。
ルーズに踊るのもハードに踊るのもサルサ。Tシャツで踊ってもドレスで踊ってもサルサ。
しかし、どのサルサも技術を追求してゆけば、個の見事な特色を放つようになります。

テクニックにフレイバーを得た踊りはフロアー中の視線を釘づけにし、拍手が沸くほどのものになるのです。

サルサとは、サルサについて、スマホ用

サルサの起源

起源
陽気で賑やか、そして時に激しくもあり虚しくもあるジャンル、サルサ。

サルサにはダンス、ミュージック共にラテンの血が流れていますが、実は南米発祥ではありません。

スペイン語で歌われる楽曲が主なゆえ、中南米を中心として世界へ広まったと思われがちですが、キューバやプエルトリコなどのラテンアメリカ諸国出身の移民達が北米で確立していったとされています。

また、ダンススタイルや曲調が具体化されたのは20世紀半ばから70年代にかけて、場所は世界の経済・文化の中心、ニューヨーク。

音楽が一つのジャンルとして認識されていくのに伴い、人々がストリートペアダンスとして踊り始めたサルサダンスも、踊り方が形式化されていきました。

サルサのサウンド

サウンド
サルサとはスペイン語でソースという意味。
多くの具材を混ぜ合わせて作るソースのように、サルサミュージックもまた他ジャンルの要素が融合されて創り上げられました。

優しさ溢れるサウンドは聴き手に元気をくれ、気迫に満ちた力強いサウンドは聴き手の胸をふるわせます。それぞれの楽器とボーカルが織り成す一体感のある音色は人々の心を惹きつけます。

音楽の最大の特徴はクラベスという楽器が奏でる特定のリズム。8カウントの中で、このクラベスのリズムに様々な楽器が加わり一つのメロディとなります。

独特な曲調であるため、一度サルサを認識できるようになると意外な場所でもサルサに遭遇するでしょう。

現代ではスペイン語のみならず世界各国の言語で歌われたり、他ジャンルのヒットソングのカバーなども存在します。

古典に縛られることなく、数多くのジャンルの特性を活かした独創的な楽曲が誕生し続けているのもサルサの大きな特徴です。

サルサの巻き起こした旋風

旋風
60年代、キューバ革命の影響を受けラテンミュージック業界は一時下火となるが、 同時期ファニアレコーズからトップアーティストを集結させた先鋭グループ、ファニアオールスターズが結成される。

彼らの音が人々に与えた衝撃は絶大で、数多くの功績を上げつつ勢いを増した70年代初頭、サルサという新たなジャンルの音楽はニューヨークから広く知れ渡ってゆくこととなった。

サルサはその柔軟性を活かし、各地で様々なミュージックジャンルのテイスト(ジャズやソウル、ロックなど)を吸収していくと共に、3つのダンススタイルを誕生させた。

スタイリッシュなNYスタイル、スピーディーなLAスタイル、パワフルなキューバンスタイルである。

やがて海を渡ったこの革新的な音と動きのコンビネーションは外国人の耳と目を釘付けにし、90年代に入るとサルサは瞬く間に世界中へ広まった。

現在では各国のトップダンサーを筆頭にNYスタイルが広く踊られており、今なおダンサー人口は増加中。

大規模なイベントや競技会なども数多く存在し、サルサシーンのない国を見つけるのが困難なほどになりました。

サルサのダンスシーン

ダンスシーン
サルサミュージックの流れる場所にサルサダンスあり。2大ダンスシーンはサルサクラブとダンスイベント。

圧巻な音に包まれダンスを楽しむ。しかし一般的なクラブやイベントと大きく違うのは、ラテンミュージックが流れておりペアで踊るためのダンスフロアーがあること。

クラブ、イベント共に世界各国の主要都市のみならず、地方にも数多く存在します。

人種、年齢、性別を問わず人々が自由に踊っている空間は、多彩な活気に溢れ、まさに先進的な印象を受けます。

サルサには二人で踊るペアダンス(ペアワーク)と一人で踊るソロダンス(シャイン)があります。

そこからさらに踊り方が2種類あり、フリーダンス(ソーシャルダンスともいう)とショーケース(パフォーマンス)です。

フリーダンスとは名のとおり曲に合わせて自由に動く踊り方で、いわば即興ダンスのこと。ペアで踊りを創り上げてゆくのはもちろん、ソロを織り交ぜることもできます。

ショーケースとは曲に振り付けを施し観客に披露する踊り方のことで、オーディエンスを意識した演目が多いのが特徴です。

サルサの気軽さ

気軽さ
ストリート生まれのダンスだからこそ持ち合わせたカジュアルさは、人々がサルサを愛する大きな要因と言えるでしょう。

ペアダンスは常に高貴なイメージが付きまといますが、サルサは音楽とシューズさえあればいつでもどこでも踊ることができます。

服装に制限はなく、巷のサルサクラブ・ダンスイベントでは、ジーンズにTシャツから派手やかなドレスやスーツまで、様々な格好の人が同じフロアーで自由に踊っています。

パートナーがいなければ踊りにいけないのではなく、フロアーに居る全ての人があなたのダンスパートナーとなりえます。

サルサでは、男性から女性を踊りに誘うだけでなく、女性が男性に声をかけることも常識的です。

曲ごとにパートナーを変え、たくさんのダンサーと踊って楽しめるのもサルサの誇れる大きな長所と言えるでしょう。

サルサの踊りの骨格

踊りの骨格
さて、サルサのペアダンスはどのように成り立っているのでしょうか。

踊り方はいたってシンプルで、全体の動きを構成するのはベーシックステップ(基本のステップ)とターンパターン(動きの型)です。

ペアワークの間、ベーシックステップを繰り返し踏みながらターンパターンを組み込んでいきます。男性(リーダー)が女性(フォロワー)を誘導(リード)し、女性が男性についていく(フォロー)。

リーダーはフォロワーに対してどのようなターンパターンをするのか、という情報を体だけで明確に伝えなければなりません。

フォロワーはリーダーの繊細な動きに集中し、情報を取りこぼさず的確にターンパターンをこなしていかなければなりません。

基礎的なターンパターンとそれぞれのリード・フォロー方法を習得すれば、世界中どこへ行ってもサルサを楽しむことができます。

サルサの秘めた可能性

秘めた可能性
サルサは楽しみ方にリミットを持ちません。

スポーツ感覚で汗を流す、音楽と共にお酒を堪能する、コミュニティーの中で友好関係を築く、努力の成果を披露する、サルサを踊りに海外へ行く。

ただ踊ることだけが目的ではないサルサだからこそ、年齢・性別・言語の壁を越え一生涯楽しめる趣味となるのです。

この上なく自由でカジュアルなサルサですが、その美しさやかっこよさもまた、限りを知りません。

ルーズに踊るのもハードに踊るのもサルサ。
Tシャツで踊ってもドレスで踊ってもサルサ。

しかし、どのサルサも技術を追求してゆけば、個の見事な特色を放つようになります。

テクニックにフレイバーを得た踊りはフロアー中の視線を釘づけにし、拍手が沸くほどのものになるのです。

サルサとは、サルサについて、タブレット用

サルサの起源

起源
陽気で賑やか、そして時に激しくもあり虚しくもあるジャンル、サルサ。

サルサにはダンス、ミュージック共にラテンの血が流れていますが、実は南米発祥ではありません。
スペイン語で歌われる楽曲が主なゆえ、中南米を中心として世界へ広まったと思われがちですが、
キューバやプエルトリコなどのラテンアメリカ諸国出身の移民達が北米で確立していったとされています。

また、ダンススタイルや曲調が具体化されたのは
20世紀半ばから70年代にかけて、場所は世界の経済・文化の中心、ニューヨーク。

音楽が一つのジャンルとして認識されていくのに伴い、
人々がストリートペアダンスとして踊り始めたサルサダンスも、踊り方が形式化されていきました。

サルサのサウンド

サウンド
サルサとはスペイン語でソースという意味。
多くの具材を混ぜ合わせて作るソースのように、サルサミュージックもまた
他ジャンルの要素が融合されて創り上げられました。

優しさ溢れるサウンドは聴き手に元気をくれ、気迫に満ちた力強いサウンドは聴き手の胸をふるわせます。
それぞれの楽器とボーカルが織り成す一体感のある音色は人々の心を惹きつけます。

音楽の最大の特徴はクラベスという楽器が奏でる特定のリズム。
8カウントの中で、このクラベスのリズムに様々な楽器が加わり一つのメロディとなります。
独特な曲調であるため、一度サルサを認識できるようになると意外な場所でもサルサに遭遇するでしょう。

現代ではスペイン語のみならず世界各国の言語で歌われたり、
他ジャンルのヒットソングのカバーなども存在します。
古典に縛られることなく、数多くのジャンルの特性を活かした独創的な楽曲が誕生し続けているのも
サルサの大きな特徴です。

サルサの巻き起こした旋風

旋風
60年代、キューバ革命の影響を受けラテンミュージック業界は一時下火となるが、
同時期ファニアレコーズからトップアーティストを集結させた先鋭グループ、
ファニアオールスターズが結成される。
彼らの音が人々に与えた衝撃は絶大で、数多くの功績を上げつつ勢いを増した70年代初頭、
サルサという新たなジャンルの音楽はニューヨークから 広く知れ渡ってゆくこととなった。

サルサはその柔軟性を活かし、
各地で様々なミュージックジャンルのテイスト(ジャズやソウル、ロックなど)を 吸収していくと共に、
3つのダンススタイルを誕生させた。
スタイリッシュなNYスタイル、スピーディーなLAスタイル、 パワフルなキューバンスタイルである。

やがて海を渡ったこの革新的な音と動きのコンビネーションは外国人の耳と目を釘付けにし、
90年代に入るとサルサは 瞬く間に世界中へ広まった。

現在では各国のトップダンサーを筆頭にNYスタイルが広く踊られており、今なおダンサー人口は増加中。
大規模なイベントや競技会なども数多く存在し、
サルサシーンのない国を見つけるのが困難なほどになりました。

サルサのダンスシーン

ダンスシーン
サルサミュージックの流れる場所にサルサダンスあり。
2大ダンスシーンはサルサクラブとダンスイベント。

圧巻な音に包まれダンスを楽しむ。しかし一般的なクラブやイベントと大きく違うのは、
ラテンミュージックが流れておりペアで踊るためのダンスフロアーがあること。
クラブ、イベント共に世界各国の主要都市のみならず、地方にも数多く存在します。

人種、年齢、性別を問わず人々が自由に踊っている空間は、
多彩な活気に溢れ、まさに先進的な印象を受けます。

サルサには二人で踊るペアダンス(ペアワーク)と一人で踊るソロダンス(シャインと呼ばれる)があります。
そこからさらに踊り方が2種類あり、
フリーダンス(ソーシャルダンスともいう)とショーケース(パフォーマンス)です。

フリーダンスとは名のとおり曲に合わせて自由に動く踊り方で、いわば即興ダンスのこと。
ペアで踊りを創り上げてゆくのはもちろん、ソロを織り交ぜることもできます。
ショーケースとは曲に振り付けを施し観客に披露する踊り方のことで、
オーディエンスを意識した演目が多いのが特徴です。

サルサの気軽さ

気軽さ
ストリート生まれのダンスだからこそ持ち合わせたカジュアルさは、
人々がサルサを愛する大きな要因と言えるでしょう。

ペアダンスは常に高貴なイメージが付きまといますが、
サルサは音楽とシューズさえあればいつでもどこでも踊ることができます。

服装に制限はなく、巷のサルサクラブ・ダンスイベントでは、ジーンズにTシャツから
派手やかなドレスやスーツまで、様々な格好の人が同じフロアーで自由に踊っています。

パートナーがいなければ踊りにいけないのではなく、
フロアーに居る全ての人があなたのダンスパートナーとなりえます。
サルサでは、男性から女性を踊りに誘うだけでなく、女性が男性に声をかけることも常識的です。

曲ごとにパートナーを変え、たくさんのダンサーと踊って楽しめるのも
サルサの誇れる大きな長所と言えるでしょう。

サルサの踊りの骨格

踊りの骨格
さて、サルサのペアダンスはどのように成り立っているのでしょうか。

踊り方はいたってシンプルで、全体の動きを構成するのは
ベーシックステップ(基本のステップ)とターンパターン(動きの型)です。
踊りの間、ベーシックステップを繰り返し踏みながらターンパターンを組み込んでいきます。
男性(リーダー)が女性(フォロワー)を誘導(リード)し、女性が男性についていく(フォロー)。

リーダーはフォロワーに対してどのようなターンパターンをするのか、
という情報を体だけで明確に伝えなければなりません。
フォロワーはリーダーの繊細な動きに集中し、
情報を取りこぼさず的確にターンパターンをこなしていかなければなりません。

基礎的なターンパターンの種類とそれぞれのリード・フォロー方法を習得すれば、
世界中どこへ行ってもサルサを楽しむことができます。

サルサの秘めた可能性

秘めた可能性
サルサは楽しみ方にリミットを持ちません。

スポーツ感覚で汗を流す、音楽と共にお酒を堪能する、
コミュニティーの中で友好関係を築く、努力の成果を披露する、サルサを踊りに海外へ行く。

ただ踊ることだけが目的ではないサルサだからこそ、
年齢・性別・言語の壁を越え一生涯楽しめる趣味となるのです。

この上なく自由でカジュアルなサルサですが、その美しさやかっこよさもまた、限りを知りません。
ルーズに踊るのもハードに踊るのもサルサ。Tシャツで踊ってもドレスで踊ってもサルサ。
しかし、どのサルサも技術を追求してゆけば、個の見事な特色を放つようになります。

テクニックにフレイバーを得た踊りはフロアー中の視線を釘づけにし、拍手が沸くほどのものになるのです。

新着情報、パソコン用

新着情報、スマホ・タブレット用